スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダブルマメダイチ

ジャガーでもそうですが、うすた先生らしい人間らしさがよく出てる漫画だなと思いました。

銀魂やいぬまるだしなどのギャグ漫画でもそうですが、等身大の人間を描いて笑いを生みだすスタイルはやっぱりうすた先生から始まったんじゃないかなぁと思います。適当ですが。

松本人志のいうところの哀愁でしょうか、そういうものをうすた先生には感じます。適当ですが。


さて、詳しく拾っていくと以下の通り。

○自己紹介の仕方が独特で、新しいことをしようという意気込みに好感を持った

○心情をトーンでうまく表現しているため、少女漫画のような印象をうけた。トーンにこだわるうすた先生らしいなと思った。

○これだけのギャグ数を入れてストーリー漫画として成り立つのがすごい。ギャグ漫画家だから許せるというのもあるのかもしれないが、くどさを感じさせない程度にギャグを盛りこめるところはさすがだなと思った。(過去に持ち込みした際に、ギャグ漫画かストーリー漫画、どちらを描きたいのかがわからないと言われた自分乙!)

○この読切の中心にもなっている「クイズ」が何を表わすのか。多分だけど、クイズを恋に置き換えるとわかりやすいんじゃないかと思った。適当ですが。自分はそう置き換えて読んでいくとスッキリした。

最後にタイトルデザインについて。
縦にしたらW豆田一っていうのはわかるんですが、それだけなんですかね?
「310=101」で、最後の問題のやつと照らし合わせて何か意味がわかるのかと思ったんですが、まず問題で「3」がローマ字の何かわからないからどうしようもないですよね。
まぁ、3をほったらかしてローマ字を当てはめてみても「 MO=MOM」

さっぱりですね。

これをまタイトルデザインのようにして読んでみてもよくわかりません。
う~ん、W豆田一以上の意味はないのかな?
わかる人いたらコメントください!

では!

わしゃしゃしゃ~んノシ
 






スポンサーサイト
ついった~
アクセスカウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。