スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6月映画鑑賞リスト


・ディパー・テッド
・300
・ブラッド・ダイヤモンド
・12モンキーズ
・十三人の刺客
・フェイス/オフ
・ワールド・オブ・ライズ
・スウィート・ノーベンバー
・時計じかけのオレンジ
・ウイッカーマン
・インファナル・アフェア
・スカーフェイス
・ブラック・レイン
・レイジング・ブル
・アビエイター
・ボーン・アイデンティティー
・ボーン・スプレマシー
・ボーン・アルティメイタム
・ラストキング・オブ・スコットランド
・ビリー・バスゲイト
・ハウルの動く城
・グリーン・ゾーン
・トレインスポッティング
・ケリー・ザ・ギャング
・ギャング・オブ・ニューヨーク


以上、計25作品。


6月ベスト 「十三人の刺客」 

これはホント面白かった!
稲垣吾郎のハマリ役っぷりには良い意味で期待を裏切られた。
吾郎ちゃんが出てくるたびにワクワクしました。
ただ、たまに挟まれるギャグとラストには首を捻ったけど、細かいことはどうでもいいくらい面白かったです。


6月ワースト 「ウィッカーマン」

「フェイス/オフ」を観てニコラス・ケイジが好きになり、主演ということで観てみたものの…
序盤に張られた伏線は回収されないし、途中もずっと走りまわってるだけで退屈だし、オチもなんじゃこれ?って感じで全く琴線に触れませんでした。
冒頭の記憶錯誤的な描写は本当になんだったんだろう…


全体的に見てみると、ディカプリオとマット・デイモンにハマった月だったのかなぁという感じです。


6月はこんなところでした。

スポンサーサイト
ついった~
アクセスカウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。