スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月映画鑑賞リスト

1.ロックストック&トゥースモーキングバレルズ…再映してたので劇場でみた。500円とかなり安かったのに交通違反で8000円罰金とられた
2.ナショナルトレジャー…華のなさがいい
3.クルーエル・インテンションズ3…なんかよくわからずいきなり3を観たけど支障なし。エロサスペンスに期待したけどいまいち
4.メンインブラック…こういうコメディータッチのSFは割と好き
5.ルックアウト/見張り…地味であまり記憶に残ってない;
6.スネーク・アイズ…ニコラス・ケイジのこういう調子良いキャラが好き
7.猿の惑星:創世記ジェネシス…まず映像がすごい。飽きさせない構成がすごい。いい娯楽映画。テーマ性は薄い。
8.ベンジャミン・バトン 数奇な人生…観てもフィンチャーの作品と気づかず。ぼちぼち感動。長い
9.ガタカ…評判の良さに期待して観たけどイマイチ。一昔前の近未来観の設定に違和感があってのめりこめず
10.アイデンティティー…ミステリー・サスペンスかな?オチが普通すぎていまいち。雰囲気は好き
11.カウボーイ&エイリアン…予告を観て絶対これだけは観にいこうと決めていたw 結果…B級としてもつまらない;;原作も読んだけど原作も正直う~ん…と首を捻りたくなる感じ。ギミックはアイアンマンの監督のジョン・ファブローらしくこだわっているんだろうけど、あまりかっこよくなかった^^;
12.エヴァ破…あのメガネっ子エロすぎwエロ押し出しすぎてちょっと嫌悪感^^;


今月は少なめの計12本。


プリズン・ブレイクはシーズン4に突入で残り20話くらい。
正直シーズン2からつまらなくなってきて、惰性で観てます;


では、今月のベストは

「猿の惑星:創世記ジェネシス」


文句なしにおもしろかったー!とくに難しいことは考えずにただ流れに身を任せてたら楽しめます!
展開に何一つムダがなくて2時間弱あっという間に終わってしまった印象。かといって伝え切れてないところがあるわけじゃなくて、さりげなく伏線や演出がなされてる!これに気づけないとストーリー自体は単調なので暇を感じて眠くなる人もいるかも。監督はルパート・ワイアットという聞きなれない人みたいなんだけど、かなりの手練だと思われますw
それに加えて映像美!猿一匹一匹の表情の豊かさがすごいです。オススメ!


一方、ワーストは

「カウボーイ&エイリアン」

これはちょっと期待と現実のギャップがありすぎたw
そもそもあの予告をみてものすごいものを期待したわけじゃなく、B級としてはちゃめちゃだったら面白いなっていう期待だったんだけど…
西部劇の描写があまりしっかりされてないから宇宙人が出てきてもあまり異物感がなく、普通の宇宙人ものになっちゃってて台無しだった。せめてダニエル・クレイヴの武器はリボルバー型とかにしといた方が良かった気がする。宇宙人が俊敏すぎて手に汗握るジリジリとした緊迫感のある戦闘ができなかったのかなぁ;
あと、いろんな人物の背景を描こうとしすぎてすべて中途半端で感情移入できない;
感情の変化も急すぎたり、展開もご都合主義すぎてたり…加持祈祷的なもので記憶喪失が治るってどゆこと!?wみたいな^^;
もっとはっちゃけてたら多少ご都合主義でも楽しめたのかもしれないけど、中途半端にまじめにやろうとしているだけに許せないことになっちゃってる。惜しいなあ;



では、このへんで^^




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ついった~
アクセスカウンター
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。